家庭用脱毛器を使って美しくなる|好きなタイミングで美しく

美容

歴史を知っておく

レディー

現在主流となっている脱毛器は、レーザーとなっています。家庭用脱毛器にも使われているこのレーザーは、非常に効果が高いため現在では人気となっています。このレーザーが発表されたのは、1986年のことです。発見はあくまでも偶然で、レーザー治療でほくろやシミの除去をした際に、その部分だけ毛が生えてこなかったという事実から推測されました。しかし、まだこの時期の技術では、施術に使えるほどレーザーが発達していなかったため、実際に使われるようなことはなかったのです。普及レーザーが普及し始めたのは、発表から10年後の1996年となります。しかし、この時期の機器は限定的で、肌が白く毛が比較的黒い人のみに使えるものでした。そのため、日本人が使うことはなかったのです。

翌年になると日本人でも使えるように改良されたものが登場しました。ですが、痛みがある、効果に疑問が残るという観点から、あまり大きく使われることはなく、この時点では家庭用脱毛器に取り入れるという案はありませんでした。しかし、効果が目に見えてあるレーザーが登場したことにより、評価は大きく変わりました。そのため、痛みは強いが効果は抜群にあるものとして日本でも非常に人気が高いものとなったのです。フラッシュ脱毛は現在、家庭用脱毛器であっても効果は高くほとんど痛みはありません。それは、フラッシュ脱毛器と呼ばれるものが登場したからです。フラッシュ脱毛器は、レーザーの弱点であった痛みという部分を解消したものとなります。この技術が家庭用脱毛器にも取り入れられることにより、多くの人が購入するに至ったのです。